MENU

クレンジングやりがちなNG集!間違えた落とし方は老け顔を作る

ついついやってしまっているかもしれない、クレンジングのNGをまとめてみました。
あなたは大丈夫かチェックしてみて下さい。

 

ゴシゴシこする、または指に力をいれて落とす
お肌の表面(角質層)はとってもデリケート。厚さはわずか0.02o、目の周囲は0.01o程度しかないと言われています。
乱暴に扱えば、角質が傷つき肌トラブルの原因となります。

 

クレンジング剤を節約して少なめに使う
クレンジング剤は規定の量を使いましょう。
ケチって少なめに使っていると、メイクとの馴染みが悪くなるうえに、お肌との摩擦が起こってしまいます。

 

クレンジング時間のかけ過ぎ
クレンジングはスキンケアするなかで、いちばんお肌に負担がかかるプロセスです。
時間のかけ過ぎは負担をかける時間が長くなることになります。
クレンジングだけで、約1分から2分以下で終わらせることが好ましいです。

 

熱いお湯ですすぐ
熱湯は過剰な皮脂まで落としてしまうことになりますので、必ずぬるま湯ですすぎましょう。
理想的なぬるま湯の温度は32℃〜34℃程度。
また、冷水ですすぐ人がいますが、これもNGです。冷水では皮脂が固まってしまい十分に汚れが落とせません。

 

シャワーを直接顔にあてて洗い流す
お風呂でクレンジングする時に、シャワー直接あてて洗い流すと、強い水圧がお肌に刺激を与えてしまいます。これはたるみや乾燥の原因となります。
面倒でも手のひらでお湯をすくって洗いましょう。洗面器などを使ってもいいですね。

 

いかがでしたか?

1つでも思い当たる項目があったら要注意です。
今日からすべて守って、正しいクレンジング法でメイクを落としましょう。
正しいクレンジングが美肌への第1歩です。

メイク落としの基礎知識〜あわせて読んでおきたい関連記事〜

クレンジングの種類
アイメイクは専用リムーバーで落とそう!
正しいアイメイクの落とし方
W洗顔って何のこと?
顔のくすみはクレンジング不足によるメイクの色素沈着が原因?

このページの先頭へ